難しい動物漢字読み

教えて太郎君教えて太郎君

海獺・・・ うみの。。
これなんて読むんだろう。
海に関係がある動物だと思うんだけど・・・
博士に聞いてみよう!

読み意味博士読み意味博士

太郎君、海獺という漢字解らなかったみたいじゃのう。
太郎君が想像したように海の動物なんじゃよ。
これは、海獺と書いてラッコと読むんじゃよ!
ちょっと難しかったかのう。

海獺の読み方

海獺と書いてラッコと読みます。
英語だとSea Otter(スィー・アター)と読みます。
ラッコイラスト

ラッコと言えば、背泳ぎをしながら上手にお腹の上で貝を食べる姿が印象的ですよね。
ラッコは今人気のカワウソの仲間になります。
そういわれると、カワウソに似ていますよね。

ラッコは脂肪が少なくエネルギーを蓄えられないので、一日に多くのエネルギー補給しなければなりません。
その為、ラッコは1日の中の20%~40%近くの時間を食事の時間に使う大食漢だと言われています。
一日に食べる食事の量は、体重の約25%近く食べると言われています。
体重が20キロのラッコでも5キロ、40キロのラッコだと10キロもの食事を1日でするのです。

以上、海獺の読み方!難しい動物漢字でした。