言葉の違い

教えて太郎君教えて太郎君

相手の隙をついて失敗をさせることを、「足元をすくう」と言いますよね?
先日、友達に「足元をすくわれそうになったよ」と話をしていたら、「足元をすくう?」と不思議な顔をしていました。
何か間違った言葉を使ったのかなと気になっていました。
博士教えてもらえませんか?

読み意味博士読み意味博士

なるほど、太郎君は友人に「足元をすくう」と話してしまったのじゃな。
ここに間違いあるのじゃ。
この、足元をすくうという言葉は多くの人が間違えて使っているという代表的な言葉なんじゃ。
これから、解り易く解説するから覚えておくのじゃぞ。

足元をすくう

それでは、今回の意味と間違いについて解説していきます。

太郎君が友人に話した「足元をすくう」言葉は、正確には「足をすくう」と言います。
なぜ間違いなのかと言うと、「足元」というのは足の近く立っている近く・または小範囲の事を指します。
簡単に言えば地面ですよね。
ですから、足元をすくっても意味がありませんよね。

正しい表記は「足をすくう」ということになります。